マンション経営に適した立地条件の分析法|今人気の地域と間取り

つみきと紙幣

投資の種類と家賃保証

積み木とお金

マンション投資とは

利益を得る目的でマンションに資金を投入することをマンション投資といいます。そしてマンション投資には売却と賃貸の二つがあります。家賃を受け取って一定の利益を得るのがインカムゲインです。売却の場合は購入価格よりも高い価格で売る必要があり、その利益をキャピタルゲインといいます。いまは土地の値が上がらないので、キャピタルゲインを目的に投資をするよりも、インカムゲインを目的に投資をする人が多い傾向があります。賃貸にして不労所得を得る方法です。この場合ならマンションを自分の資産のままにできます。マンションの運営に関しては、マンション管理会社がしてくれます。または一括借り上げをすれば、マンション管理から家賃保証まであり、初心者でもマンション投資で失敗しにくいです。

空き室に備える保険

マンションを賃貸にして貸し出し、借主から家賃を得ることで収入になります。当然ながら健全なマンション経営をするには、借りる人が必要です。借りる人がいないと住宅ローンの負債だけ残ることになります。そのような空き室リスクに備える保険が、先ほども言った一括借り上げです。一括借り上げなら空き室のあるなしに関わらず、一定の家賃が保証されます。また、マンション管理もしてくれるので手間から解放されます。一括借り上げの場合、受けとれる家賃は通常の約80%です。空き室保証は、空き室が出た場合のみの保険です。受け取れる家賃は通常の95%と、一括借り上げよりも多いです。ただし、マンション管理は別なので、管理は別の会社に委託する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加